次世代中国食品ビジネス戦略セミナー~プラットフォーム戦略にもとづく未来に向けた価値創出~ 8/31(金) 第1回   9/21(金) 第2回   10/5(金) 第3回

開催時間 14:00~17:30 受講料 ※2万円(税別) 定員 12名まで 

※シリーズ3回分のセミナー参加費・テキスト代として

開催のご案内

中国では第4次産業革命における「ビックデータ、AI、IoT」といった技術の進歩や、人口構造の変化の影響で、ライフスタイル及び消費者の購買行動が変化し、ビジネス環境が大きく変わってきています。
サービスを含めた「質の向上」と、パーソナライズ化による「量の拡大」というニーズが中国人消費者の進化の方向性を示唆しています。近年変化を遂げている中国の消費トレンドに対応するため、既存の中国食品事業を「新規事業」として改めて定義する必要性が出始めています。
新規事業の立ち上げができるか?生き残るための戦略を構築して実行できるか?本セミナーでは未来を見据え、中国のビジネスマクロトレンド分析、及び消費者ニーズの変化を踏まえて、次世代中国食品市場に向けた戦略的な価値創造する考えをご紹介いたします。

対 象

  • 役員クラスの方 経営企画/事業開発  担当部門の責任者

2018/8/31(金)
第1回

・市場概略
・新たな消費者ニーズ

プログラム内容を見る

2018/9/21(金)
第2回

・第四次産業革命による
購買行動の変化及び未来対応

プログラム内容を見る

2018/10/5(金)
第3回

・今後の参入方針及び
戦略的な事業展開について

プログラム内容を見る

講師:森岡 琢 Taku Morioka (株)ジェムコ日本経営 成長戦略コンサルティング事業部 事業部長

森岡 琢

森岡 琢

メーカーを中心とした製造業に対し、事業戦略、新事業・新商品・新用途開発、拡販戦略、中国/ASEAN市場戦略策定支援等、多数のプロジェクトに従事。中国で10年間の駐在/コンサルティング/現地サポート経験。

講師:王 喆 Zhe Wang (株)ジェムコ日本経営 成長戦略コンサルティング事業部 経営コンサルタント

王 喆

王 喆

大手食品メーカーにて、主に加工食品の海外原材料/半製品の大口買付、調達及び現地工場の生産・品質管理業務やその他中国現地新規事業と新工場の立ち上げを担当。その後、生活産業企業の中央研究所にて、中国現地や日本のマタニティ/ベビーフード、飲料などの商品の企画・開発、国内海外の生産から上市までの一連の業務を担当。

  • 事前登録制お申し込みはこちら

開催概要

開催日時 8/31(金) 第1回  9/21(金) 第2回 10/5(金) 第3回
時間帯はいづれも14:00~17:30 (受付13:30)
開催場所 株式会社ジェムコ日本経営 本社101会議室
〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 ヒューリック銀座ウォールビル10F
MAP
【東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座」駅】A5出口から徒歩5分※A3工事中
【東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座」駅】A1出口から徒歩5分

参加人数 12名まで。
応募12名様になり次第締め切らせていただきます。(1社1名様とさせていただきます)
受講料 20,000円+ 別途消費税
(シリーズ3回分のセミナー参加費・テキスト代として)
※お振込み料はお客様負担にてお願いいたします。

・申込受付終了後、請求書を発行いたします。
・お見積書が必要な方は、事務局までお問い合わせ下さい。
・ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席ください。
主催 (株)ジェムコ日本経営

プログラム

8/31(金)14:00~17:30 第1回
現状のビジネスマクロ環境分析・機会探索
重要ポイント:論点の明確、価値創造プロセス、筋道を整える
第一回 前半(90分)
・中国食品市場の全体像
・中国の輸入食品の全体像
・中国の輸入食品の小売市場の現状
・輸入食品購入する消費者について
第一回 後半(90分)
・中国人口構造の変化
・消費ニーズへの影響
・新たな消費者ニーズの出現


9/21(金)14:00~17:30 第2回
変化の兆しの発見、未来シナリオ・アプローチ
重要ポイント:世の中の未来に向けた筋道の中で、勝ち筋を創造する
第二回 前半(90分)
・中国における第4次産業革命の概略
・中国におけるデジタル化が変える購買行動
第二回 後半(90分)
・日本メーカーとして変える購買行動への対応
・新規事業として、中国食品市場を攻略する
・事例紹介


10/5(金)14:00~17:30 第3回
次世代に向けた事業戦略の構想
重要ポイント:戦略的思考による未来に向けた価値を創造する
第三回 前半(90分)
・日本食品企業は中国食品市場への参入チャンス:中国保健食品市場について
・食価値の未来トレンド
第三回 後半(90分)
・日本国内においての中国食品ビジネス参入:インバウンド&越境ECについて
・次世代グローバル市場で勝つために

※不測の事態などによって、内容や講師、会場が変更になる場合も極まれにございます。同業者さまならびに会場のキャパシティなど事情によりご受講頂けない場合もございます。予めご了承くださいますようお願い致します。

  • お申し込みはこちら

セミナー一覧

上に戻る